徒然なるままにアニメ・漫画・ゲーム作品の感想を綴るブログ

趣味全開徒然草

アニメ

【デカダンス】第5話感想!世界のヴェールがはがれる?

投稿日:


【デカダンス】第5話感想:圧倒的なガドルα

第5話「differential gear」

【デカダンス】第5話で出て来た倒せない設定の子ガドルαが強かった。まあ、倒せないから強いのは当たり前だけど、他のガドルに比べてAIも賢い。針を抜くとかいう挙動はいままでのガドルではありえなかったよね。変な煙幕を張って、敵を錯乱させるし。こういう特殊なガドル単体の戦いが面白いから、この先もっと増やしてほしい。

【デカダンス】第5話感想:ナツメの実力

あまりの絶望に軽率にガドルαに突っ込んでいくナツメだけど、やっぱり口うるさい姉御肌が助けてくれた。自分の行動の軽薄さと仲間の死により覚醒したナツメの戦闘がカッコよかった。最初から主人公適正持ってるくらい強かったもんね。ほとんど実践を経験していないのにこれは強いと思った。

【デカダンス】第5話感想:やっぱりカブラギ組長は強かった

やはり助けに来てくれたカブラギ組長。絶対勝てないチートを施したガドルなのに、チート級のリミッター解除で勝ってしまった。最初はナツメを逃がそうとしていたり、本当にナツメ本位で動く人なんだなあと思った。最後にはガドルαを倒して他の人も助けてくれたけど、それはナツメがガドルαを倒しに戻って行ったため。最初は邪険に扱っていたけど、ナツメ大好きマンになってしまった。

【デカダンス】第5話感想:ストーリーをAIが自動生成?

カブラギが倒される予定のなかったガドルαの先に現れたスターゲート。ストーリー進行のトリガーが踏まれなかっただけで、まだ実装予定にない調整前のコンテンツが出てくるものなのだろうか。プレイヤーとしての自覚があるギアたちはこんなの実装予定にないと驚いてるけど、これがゲームだと知らない人間たちは本当に絶望しかない相手だよね。しかしデカダンスのメガトンハンマー砲は必ずガドルを倒せる設定なのかな?

【デカダンス】第5話感想:出現するゲームの外側

イレギュラーな事態に次に実装予定の巨大ガドルが現れ、それもイレギュラーに処理してしまったためにゲーム世界のバリアが剥がれて外の世界が出現してしまった。これはやばい状況ではなかろうか。プログラムされていない野良ガドルがわんさかといる。

【デカダンス】第5話感想:本音で当たる組長

ナツメという存在のことを思い、「バグは必要だ」と怪しいテラ子安に言ってのけるカブラギ組長。そのせいで粛清されてしまった。でもやられたのはアバターの方だけど、なかのちびキャラに影響は出ているのだろうか。なんかそのへんの地面に落ちたように感じたのは気のせいなのだろうか。次回の【デカダンス】は組長の安否が気になる。








-アニメ
-

Copyright© 趣味全開徒然草 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.