徒然なるままにアニメ・漫画・ゲーム作品の感想を綴るブログ

趣味全開徒然草

アニメ

『天晴爛漫!』第2話感想!いかにしてレースと出会ったか?

投稿日:


やっぱり凸凹コンビが面白かった『天晴爛漫!』第2話の感想

 

船に助けられてアメリカに渡ってきた小雨と天晴。船でも小雨があくせく働き、天晴が好きなことをやっているという構図を見せられましたよね。アメリカでもやはりまじめな小雨が苦労して働き、天晴は好きなことだけをやっているというコンビでの関係性が見られて面白かったです。『天晴爛漫!』の主人公コンビはベタだけどわかりやすいコンビの関係性が魅力になってますよね。

『天晴爛漫!』第2話:帰る気のない天晴

小雨にとっては不本意な事故でアメリカ大陸に来てしまった『天晴爛漫!』第2話だけど、天晴は帰る気がないようです。世界一のマシンを作りたい天晴はアメリカにとどまる気満々。許嫁を日本に残してきた小雨は帰りたいけど帰れない。可哀そうだけど、見てて面白かった。生活費を稼ごうとする2人だけど、小雨は仕事させてくれと頼みこむ一方、天晴は働きたくないから給料だけくれと本音を爆発。マイペースが過ぎるだとというのが天晴に対する感想でした。

『天晴爛漫!』第2話:小雨の実力が垣間見えてよかった!

2人とも雇ってもらうところがないということで、殴られ屋(殴られるとは言っていない)を始めた小雨。武士としての立ち回りを活かして、避ける避ける。しかも顔色一つ変えない。いつも苦労を背負わされてギャグになっている小雨もこの時ばかりはかっこよかった。1話で主人公たちのだいたいのキャラクターは紹介していたけど、ここで新たな一面が知れて嬉しいというのが『天晴爛漫!』第2話の感想でした。

『天晴爛漫!』第2話:アメリカ大陸横断レースとの出会い

ついにアメリカ大陸横断レースと出会った『天晴爛漫!』第2話。クラシックカーによるレースはなんか良いですよね。このレースを見て出場したいと目を輝かせる天晴。自分の目指すところがこのレースにあったのかな。ライバルっぽいキャラも登場し、天晴や小雨とどう関わってくるのかも楽しみですね。

『天晴爛漫!』第2話:ホトト

『天晴爛漫!』第2話では復讐相手を探すネイティブ・アメリカンの少年ホトトが登場。白人たちの彼に対する当たりが強いのは当時の時代背景を反映していますよね。日本人も猿扱い。このホトトという少年がどのように物語に関わってくるのか楽しみです。

『天晴爛漫!』第2話:ジン・シャーレン

天晴の迷惑行為で出会ったジン・シャーレンですが、中国の拳法娘はどの作品のキャラもかわいいですね。女性ということでレースを諦めていますが、天晴との出会いでそれも変わりそう。女性があまり社会で活躍しない時代背景がなんかちょっと切ないというのが感想でした。

『天晴爛漫!』第2話:小雨の意外な弱点

復讐相手を探して暴走するホトトくんがピンチ! そんなピンチを助けに入った小雨ですが、相手の銃にビビります。そして母親を撃たれる回想シーン。これはトラウマですわ。何があったのか気になるところですね。

『天晴爛漫!』第2話まとめの感想

アメリカ大陸でのキャラクター紹介だった第2話

『天晴爛漫!』第2話はアメリカ大陸での小雨と天晴のドタバタ劇新キャラ紹介の2つに分かれていて面白かったです。とくにがんばる小雨がマイペースな天晴に困らされている姿が面白い。そしてホトトの復讐とジン・シャーレンのレース参加の行方も気になります。そして最後に現れた櫻井孝宏がミステリアスかっこいい! ということで次回の感想でお会いしましょう

 








-アニメ
-

Copyright© 趣味全開徒然草 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.